Home > 千臨技とは > 会長あいさつ

会長あいさつ

一般社団法人 千葉県臨床検査技師会

会長 綿引 一成

 

この度、令和元年度通常総会におきまして役員の改選が行われ、引き続き行われました臨時理事会において新たに会長に選任されましたことをご報告いたします。
会員・賛助会員・関係各位には平素より当会活動にご理解・ご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

当会は、1952年7月に千葉県衛生検査技術者会として発足し、1977年に千葉県臨床衛生検査技師会と名称を変更、1988年に社団法人の許可を得た後、2006年には「臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律」の改正に伴い、千葉県臨床検査技師会と改称しました。また、2008年「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」の改正に伴い、2012年4月に一般社団法人 千葉県臨床検査技師会へと移行し現在に至っております。
会員数も年々増加し、現在2200名超で構成されております。

私たちの使命は、定款にありますように「県民に対する公衆衛生についての知識の向上、並びに地域保健事業を推進するとともに臨床検査技師の資質の向上と臨床衛生検査の研究開発を図り、もって県民の健康維持発展に寄与すること」だと謳われています。学会や研修会の開催はもちろんですが、これからを担う人材の育成や検査技術及び学術的知識の向上を図り、地域医療に貢献できるよう努めてまいります。公益活動として「県民への公衆衛生啓発普及事業」や「生活習慣病防止啓発キャンペーン」に参加協力し、臨床検査や臨床検査技師をより多くの県民のみなさんに認知していただけるよう努めてまいります。

諸先輩方が築き上げてこられましたこの会をさらに発展させられるよう役員一同協同し、まい進する所存です。皆様のご理解とご協力を心よりお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

令和元年8月