Home > 千臨技とは > 会長あいさつ

会長あいさつ

私たちは、県内の医療機関、保険行政、医療支援施設等で臨床検査業務に携わる職能団体および学術団体です。

昭和27年7月に千葉県衛生検査技術者会として発足し、昭和52年に千葉県臨床衛生検査技師会と名称変更、昭和63年に社団法人の認可を得た後、平成18年には「臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律」の改正に伴い、千葉県臨床検査技師会と改称しました。

また、平成20年度より「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」の施行に伴い、平成24年4月に一般社団法人千葉県臨床検査技師会へと移行して現在に至っています。会員数は年々順調に増加しており、現在では1,830名を超える会員で構成されています。

臨床検査業務には患者さまから採取した材料(血液・尿・細胞など)を扱う検体検査や患者さまの体に直接接する生理検査(心電図検査・超音波検査・呼吸機能検査・脳波検査など)があります。

これらの検査業務を正確かつ迅速に行えるよう、研修会や学会、講習会等を通じて検査技術及び学術的知識の向上を図り、地域医療に貢献できるよう努めてまいります。

公益活動として「千葉県民への公衆衛生啓発普及事業」や「生活習慣病防止啓発キャンペーン」に参加協力しています。
また、当会主催で生活習慣病に対する啓発事業として「全国検査と健康展」などを開催しています。
今後も安心・安全な医療と良質な臨床検査データの提供にこれまで以上に全力を傾け、皆様から期待される団体になれるよう努めてまいりますので、当会の活動にご理解とご協力を宜しくお願い申しあげます。

 

平成27年6月

一般社団法人 千葉県臨床検査技師会
会長 中山 茂